海外キャッシングで一番気になる手数料について理解しておこう

海外旅行に行く時にクレジットカードがあれば、現地でキャッシングできると聞きました。でも手数料が不安です。どんな手数料がどのようにかかるのか、教えてください。

リボ払いになるので金利手数料が必要になります

クレジットカードにもいろいろありますが、JCB、VISA、MasterCardといった国際決済のできるカードなら、海外の空港やホテル、ショッピングモールにあるATMに差し込んで暗証番号を入れるだけで、現地通貨でのキャッシングが限度額までできます。

このカードさえあれば、かなり海外旅行が便利になることは間違いありません。旅行前に両替をする、トラベラーズチェックを購入することも必要ですが、ムダに両替したくないので、予算をどう考えるかで悩むことが多いと思います。

その点、海外キャッシングできるカードがあれば、事前の両替は最小限にして、もし必要なら現地でキャッシングすればいいわけで、安心感が違います。2度と訪れないようなタイミングで「お金があればできたのに」といった気持ちになることも海外旅行ではよくあること。思い切って体験するためにも、こうした余裕があればうれしいですよね。

万が一の事態に備えて、そして「お金が足りなかったから」といった後悔をしないための費用と考えれば、海外キャッシングの手数料はそれほど神経質になるような金額ではありません。特別に高額な請求が来るわけではありませんので、そこだけは安心してください。

しかし、どうしても手数料が気になる、という人もいると思います。大きくわけて海外キャッシング後に返済時に必要な金利手数料、為替手数料、ATMの使用料があると思ってください。

クレジットカードを海外のショッピングに利用すると為替レートに事務手数料が加算されますが、海外キャッシングでは事務手数料は加算されません。返済時の金利手数料が加算されるからです。海外キャッシングはすべてリボ払いになりますので、早く返済したほうが金利手数料は得です。リボ払いはいつでも返済できるのが特徴ですから、もし手数料を低くしたいのなら、できるだけ早く返済してください。

もちろん、長期にわたって返済することもできますが、その時は残高に対する金利手数料はその期間分だけ加算されていきます。

海外のATMの使用料はカードによって無料にしているタイプもあります。ただし現地の機械が一律に手数料を取るタイプだった場合は、利用するたびに手数料はかかると思ってください。この点については、地域や利用できるATMにもよりますので、カード会社に問い合わせてみるといいと思います。

なお、為替レートはキャッシングした日のレートが適用されるわけではなく、カード会社の処理する時点でのレートであり、各社独自にレートを計算している点もご承知の上で利用してください。

様々な海外キャッシングのメリットと手数料の節約

クレジットカードのキャッシング機能は、海外旅行の際に低い手数料で外貨を両替できるために、大変利用価値の高いサービスです。この機能は、海外キャッシング専用のカードとして所有しておくこともできますので、国外での利用のみに限定することで、キャッシングの利用が気になる方にも最適なものとなります。

このサービスの利点としては、帰国後に繰上げ返済してしまえば、利息が日割り計算なので、外貨両替にかかる手数料と比較した際に大幅な節約になるというポイントです。また、急遽海外への渡航が決まった際には、カードの発行までに必要な時間が、最短で数十分程度なサービスもありますので、海外旅行には最適なものとなっています。

そのほかのメリットとしては、一般的にクレジットカードは数千円の年会費がかかることが多いのですが、幾つかのカードは年会費が無料で、車のトラブルなどで利用できるサービスなども付帯しており、渡航先での車のトラブルにも対応してくれるものとなっているのです。又、このカードの機能には、国内旅行の保険や海外旅行の際に利用できる保険に加え、買い物に関する保険の機能などが付随しているものもあり、これらの保険に新たに加入しなくても済むという利点があります。

この海外キャッシングが利用できるサービスの中には、フリーターや学生の方でも利用できるものがあり、審査基準も他の一般的な融資のサービスの利用よりは緩和されています。そして、この海外キャッシングができるサービスは、専門的な業者のサービスでは利息が大幅に割安になっており、大半のクレジットカードの利息よりも低い設定となっているのです。その為、海外旅行でキャッシングを利用する場合は、手数料の低い専門的なサービスを選ぶ事も重要で、負担の少ない利用しやすいサービスを探し出す必要があるのです。このようなクレジットカードの海外キャッシングのサービスを選択することで、様々な費用が節約できます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 内定者はいくらまでキャッシングできる?この会社がオススメ! All Rights Reserved.