審査甘いはずのない銀行系のローンで求められる条件をチェック

カードローンの利用を考えている主婦です。パートで働いています。消費者金融と銀行系のカードローンなら、安心感から銀行系を希望したいのですが、イメージとして銀行系のほうが審査も甘くないと思うので通るか不安です。銀行系で借りることは可能でしょうか?

パート収入があれば銀行系で申し込み可能です

審査については、消費者金融でも、大手と地元の中小とでは違いますし、銀行系はまた違う審査基準があります。加えて銀行やJAなどの金融機関が直接やっているローン商品(フリーローンなど)も独自の審査基準があります。

審査が甘い、甘くないというネットでよく見られる情報に惑わされないでください。そこで問題になっているのは、すでに他社で借り入れがある人であるとか、過去に返済できないといった問題を起こした人にとって、「なんとか借りられるところはないか」といった意味で使われることが多く、貸金業の登録を受けていないいわゆるヤミ金への誘導に使われていることもあるからです。

審査が甘いか甘くないかは、申し込んだ人の主観によるわけで、誰にとっても審査が甘い貸金業者や銀行があったら、そこに人は殺到するでしょうから、常識で考えてもあり得ません。また、当初、間口を広くしていたところが、必要な顧客数を確保したあとは厳しくなる可能性もあるわけです。一方、キャンペーンなどでたまたまその期間、少しだけ緩和してくれる可能性もゼロではありません。

とはいえ、審査につきものなのは限度額の設定です。ご存じのようにカードローンの金利は通常の銀行のローン商品に比べるとかなり高く設定されています。そしてこの金利は「限度額が大きい人」ほど低くなるように設計されています。

「この人はリスクがある」と判断されたら、貸し出せる限度額を低くし、金利をもっとも高いランクに設定するわけです。つまり、いくら審査が甘いといわれても、結局は借りることのできる金額の限度が低く、金利は最高レベルになるのなら、それは通常の取引であって、別に甘いわけではありません。

銀行系カードローンはいま人気がありますけども、年齢(満20歳以上で満65歳から満70歳ぐらいまで)の制限と同時に、「安定した収入があること」を求めています。主婦でも専業主婦は申し込み段階でムリだと言われてしまうことも多い(例外はあります)のですが、パート、アルバイトといった仕事を持ち、収入があれば申し込みができます。

貸金業の場合は、総量規制によって年収の3分の1以下しか貸し出せませんので、パート、アルバイトによって年間にどれぐらい収入があるかによって、限度額の上限が決まってしまいます。

ただし、最初は低い限度額でも長年の取引によって多少なりとも信用度が高まれば、限度額を引き上げてくれる可能性はありますので、最初の審査結果でガッカリしないで、上手に活用する方法を身につけてみてはいかがでしょうか。

審査甘いローンを利用するときに注意すべきこととは

ローンの中にはかなり審査甘いものもあります。銀行というとどちらかというと審査は厳しい傾向にあるのですが、貸金業者はどちらかというと甘い傾向にあると言えるでしょう。その中でも、規模の小さい消費者金融は審査甘いという傾向があります。

消費者金融というと、街金と呼ばれている規模の小さいものもありますし、全国規模で事業を展開している大手もありますこのうち、どちらかというと街金のほうが審査甘いという傾向はあります。ですから、大手では審査に落ちる可能性が高いと思ったときには、街金から借りるのも良い方法だと言えるでしょう。

審査甘いということ自体が長所だとも考えられるのですが、それとともに短所も同時に存在するという点にも注意しておきましょう。短所とはどういったものかというと、融資の条件が悪いことを指します。具体的にどのように悪いのかというと、金利が高い場合が多いのです。

消費者金融が貸し付けを行う場合には、利息制限法を守らなければなりません。利息制限法の上限金利以下で貸し付けなければならないと定められているのですが、審査甘い消費者金融では利息制限法の上限金利ぎりぎりで貸し付ける事も多いのです。このような金利で貸し付ける街金は今でもあります。

審査甘い代わりに利息が高いと言うことについてはよく把握しておかなければなりません。このような短所があるということを把握した上で、どうしても借りなければならないとき以外は利用しないほうが良いと考えられます。

どうしても借りなければならない状況というのはどういった状況なのかというと、例えば他の金融機関では借りることができないというときです。何らかの理由でブラックになってしまうと、大手の消費者金融では借りることができなくなります。それでも必要なときには街金から借りるしかありません。

ただ、急いでいるとは言っても、最初から街金に相談に行くべきではないでしょう。まずは大手の消費者金融に申し込んでみて、それで利用できないときにのみ街金を利用するというのが良いと考えられるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 内定者はいくらまでキャッシングできる?この会社がオススメ! All Rights Reserved.